サイドビジネス〜資産1億円への道〜 簡単サイドビジネスで成功しよう!
サイドビジネス 年収アップ  資産運用  不動産投資 ミスター家計簿 資産1億円PJ

トップ(eサイドビジネス) > 年収アップ >

まじめな出会い

結婚のきっかけとして

 結婚しても年収は上がりませんが、結婚相手次第で資産1億円への道がぐっと近づきます。ここで、結婚について考えてみましょう。

独身のデメリット
 1位 社会的信用で不利、世間体が悪い、一人前でないと思われる。
 2位 さびしい、安らぎがない。
 3位 日常何かと話題にされて不愉快、親からのプレッシャー。
 4位 病気、怪我が心配。
 5位 旅館、パックツアー、レストラン、映画館など一人で使いにくい。
 6位 老後、将来が不安。
    税制、各種手当、公的住宅入居などが不利。

 やはり、1位の「社会的信用で不利、世間体が悪い、一人前でないと思われる」が、仕事上に微妙に影響するのではないでしょうか。
 (2004/1/4日本経済新聞より)



一番頼りになる人は?(定年退職した人に対する質問)
 ・配偶者 70%
 ・子供   11%
 ・就職する前からの友人 4%
 ・その他 15%
 (2004/4/25日本経済新聞より)
配偶者+子供で、結婚しなければ得られないことが、81%占めています。

 エジソンもフォードも、大富豪のロックフェラーもすべて奥さんには頭が上がらなかったといわれています。彼らは新しいアイデアがあると必ず奥さんに相談していたそうです。その深い信頼関係が通常では考えられない成功を生みました。

パートナーシップの力には、強力なものがあるといえますね。



結婚しない理由(複数回答)。
 ・いい相手がいない 57%
 ・結婚したくないわけではないが特に急ぐ必要も感じない 37%
 (2004/1/4日本経済新聞より)


 結婚する時期をじっくり探るといったことろでしょうが、じゃぁいつするの!?って感じですね。待ちの姿勢ではいつまでたっても結婚できないし、自分の売り時を逃してしまいます。

 一般的には30歳位までに結婚するのが1つの目安といわれています。30歳を過ぎると、自分の商品価値はどんどん下がります。賞味期限切れとなる前に、結婚について考えてはいかがでしょうか。

 いい相手がいないのなら、積極的に相手を探しましょう。まじめに結婚したい人の情報サービスが便利です。信用確保のために有料サービスもあります。生涯にわたる強力なパートナーシップが数千円で見つかるなら、安いものです。


 30年間の実績を誇る株式会社ブライダルが運営する、他の結婚出会い系サイトと一線を画した、安心感のある充実した結婚応援サービスです。会員も順調に伸ばしており、充実したネットワークからコンピューターマッチングではなく、カウンセラーがお一人お一人のためにご紹介しています。登録会員数:約25,000人、加盟相談所:約350ヶ所
     ラブサーチは運営13年の実績ある出会いサイトです。豊富な機能で出会えるチャンスがいっぱい!
どれだけ使っても男性は定額料金、女性は無料です。
既婚者もOKだったので、私も試しに入会しましたが、サクラが少なく、おじさんにもチャンスありましたw


進む:サイドビジネスのガイド│目次:資産1億円PJ│戻る:就職転職情報

年収アップ

1.仕事ができる人とは 30歳年収750万円男の仕事術!
 1-1.本質的な仕事をする思考方法 その仕事の目的を確認する
 1-2.できる人から良い習慣を学ぶ 学ぶとは真似ぶこと
 1-3.仕事の効率アップ 書類をさがす時間を短縮する
2.速読で情報力アップ 速読教室の選び方
 2-1.速読体験記 読書スピードが6倍になりました
 2-2.おすすめの本 この要旨を読めば、本を読んだ気になる!
3.資格の取得 この方法で22個の資格を取りました
 3-1.資格の価値 最高の財産は自分自身
 3-2.国家資格の取得戦略 国家資格を取得して、同期を出し抜け!
 3-3.国家資格でキャリアアップ ストーリーを描く
 3-4.国家資格の難易度 難易度は自分で定義する
 3-5.取得の動機を書く 紙に書くことが大切
 3-6.勉強の手段 たくさんある通信・通学講座からの選択
 3-7.講座の紹介 有名スクールから特色のあるスクールまで
 3-8.勉強計画の立案 余裕とまとめを考慮する
 3-9.勉強のポイント 試験に合格しなければ意味がない!
4.サラリーマン転職日記 転職で年収180万円アップ
 4-1.業務日報の活用 転職には必須のアイテム
 4-2.就職転職情報 登録して生の情報をタイムリーに得る
5.まじめな出会い 結婚のきっかけとして

eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2006