OJTでいこう

eサイドビジネス
資産運用 年収アップ ミスター家計簿 サイトマップ
印税的収入で自由な生活。そんなビジネスを検討してみませんか?

OJTでいこう

おすすめの本

中川淳一郎 翔泳社 1,554円 2004/2/23初版


感想 4点(5点満点中)
読書期間:2004/3/9〜3/15
「当たり前のことをキチンとやらせる」
 私はいろいろな工場を診る機会があります。日本の工場はレベルが高いと言われていますが、以外と当たり前のことができていません。当たり前のことをキチンとやらせるにはどうしたらいいのか?何かヒントは得られないかと思い、本書を読みました。
 本書は、トヨタ自動車のOBが顧客に出向いて、OJT型で指導した実例を紹介しています。
 挨拶をきちんとしましょう。学校でも会社でも最初に言われることですが、なかなかできません。工場の改善の基本は、整理整頓です。これも当たり前ですが、実際はなかなかできていません。これをいかに指導するか、その答えの1つがOJTです。
 整理整頓は指示するだけでなく、実際にやって見せて、あるべき姿を見せる。指導する人が顧客と一緒になって考えることで、改善が進むのと同時に、人材の育成もできます。
 OJTは工場といわず、物流など、いろいろな場面で使えます。いろいろな改善の視点を与えてくれる良書です。


要旨
【はじめに】コンサルタントじゃ、変わらない?
現場にコンサルタントを導入すると、たしかに生産性は上がるが、コンサルタントがいなくなったら、元に戻ってしまった。
コンサルから提案されたことを、その内容を理解することなく、作業だけをやっている。
本やセミナーでは、自分の場合どうしたらいいのかがわからない。その点、OJTは実践的。
OJTとは、On the Job Traning の略。現場において、実際にその仕事を行いながら学ぶこと
OJT型の指導により、スキルと魂を伝授していく。
OJTソリューションズは、半年間、週三回、顧客企業にべったり入って、OJTに取組む。


【第1章】5つのアクションで現場が変わる!
ドラスティックな大改革でなくても、簡単にできること、基礎的なことをキチンとやれば、成果はちゃんと出る。
5つのやるべきこと。
 1.分ける いるものといらないものを分ける作業。
 2.捨てる
 3.測る 生産能力や作業にかかる時間や移動距離などをストップウォッチ、巻尺などを使って計測すること。
 4.決める 仕事のルール作り。作業手順、置き場所、誰がやるかなど。
 5.見せる 測った結果、決めたルールを現場に見せる。


【第2章】改善は、基本動作の徹底から!
在庫=悪の理由
 職場が働きにくくなり、広く使えない
 モノが出しにくく、間違えが発生しやすい
 長く持ちすぎていると売れない
 問題が隠れてしまう
 資源のムダづかい


【第3章】工場が変われば営業も変わる!
ものを捨てるときには、発注した人に決めさせる。それにより、次のムダが省ける。


【第4章】現場が変われば会社も変わる!
失敗品だけを置く場所「さらし場」をつくる
区画表示は単なる位置決めではなく、作業の手順を教える現場の法律である。


【第5章】工場のノウハウで物流業も変わる!


【第6章】ボトムアップじゃ変わらない?
経営陣が腹をくくれば、プロジェクトはしっかりした体制ではじめられる。
プロジェクト失敗の症状
 1.妥協容認 症候群  普段の業務を言い訳にしない。
 2.指示混乱 症候群  上司と、プロジェクトのルールを作る。
 3.先生依存 症候群
 4.証拠不十分 症候群
 5.連絡不足 症候群

プロジェクト成功のポイント
 1.リーダーを専任にする。
 2.リーダーやメンバーに「変化に前向き」な人材を選ぶ。
 3.関係部署のスタッフをメンバーに入れる。
 4.指揮命令系統を整備する。
 5.目標を明確にする。
 6.社内に積極的にプロジェクトの情報を伝える。
 7.迅速に社内決済を行える体制を作る


【おわりに】OTJでいこう!
人を育てることは日本の企業に存在していた価値ではなかったか。
以上

1500円以上で送料無料!
わざわざ書店に行く&探すといった手間を考えれば、ネットで購入が断然楽!!
購入はこちらからどうぞ

 

eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2001