年収300万円時代を生き抜く経済学

eサイドビジネス
資産運用 年収アップ ミスター家計簿 サイトマップ
印税的収入で自由な生活。そんなビジネスを検討してみませんか?

年収300万円時代を生き抜く経済学

おすすめの本

森永卓郎著 光文社 1470円 2003/3/1初版


感想 4点(5点満点中)
読書期間:2003/10/23〜10/28
「勝ち組」になるという幻想を捨てて、自由な時間を余裕を持って楽しめる生活を提案
日本は将来的に新たな階級社会が作られ、1%の金持ちが牛耳る社会になるという内容が3/4。そんな時代になった時、年収300万円でも「豊かな」生き方ができるとう内容が1/4です。
金持ち父さんじゃなくても、貧乏父さんでいいじゃないか、その方がよっぽど幸せに生きることができるということです。9割の人が貧乏父さんになる、その慰めにもなります。
日本の将来を大胆にわかり易く紹介している点が、とても評価でき一読の価値があります。


要旨
副題:給料半減が実現化する社会で「豊かな」ライフ・スタイルを確立する!

第1章 日本経済に起きた「最大の悲劇」
小泉改革の「痛みに耐えればよくなる」は真っ赤なウソ
失業の拡大は日本の将来に禍根を残す
不良債権処理が進んでも、景気が回復することなどありえない

第2章 日本に新たな階級社会が作られる
1)ITバブルを起こして、成り上がるための頭金を作る。
2)デフレで企業を追い込む。
3)不良債権処理を強行して、放出された不動産を二束三文で買い占める。
4)キャピタルゲインを得る。
5)さらなる弱肉強食社会へと変換する。
6)国民に反論させないための罠を仕掛ける

第3章 1%の金持ちが牛耳る社会
所得格差が100倍に時代
賃金の低下はさらに厳しくなる
アメリカンドリームの嘘
アメリカはフェアじゃない
所得格差が広がるだけでなく、仕事の量でも差が生まれる。
年収が300万〜400万に下がっていく
年収階層の差がそのまま子供の学力差となる
土地価格の二極化とスラム化
今後は成長業種というもの自体がなくなる
「外資系」「転職」「ステップアップ」の幻想
40代で何の技術もない男の行く末。40代フリーター。工場の油仕事という典型的な3K労働でさえ、3ヶ月の試用期間を経てようやくパートタイマーとして採用される。
資格でメシを食えるのは医者と弁護士くらい。
景気が回復しても、企業は以前のように正社員を採用しない
自分は勝ち組になれるという幻想を捨てろ

第4章 年収300万円時代の「豊かな」生き方
年収300万円は本当に貧乏か
人生を犠牲にして働くという発想を変えろ
年収300万円稼ぐのも楽じゃない
30歳を過ぎてからの転職
新卒時からずっと勤め続けている労働者が転職した時に、どれだけ年収がダウンするのか。厚生労働省「賃金センサス」(平成14年版)
20代前半18.1%、20代後半26.3%、30代前半35.0%、30代後半44.1%
副業・複業を始めよう
日本の8割以上の会社が副業を禁止。いくら就業規則で禁じられたとしても、
(1)ライバル会社で就業しない
(2)勤務時間中にしない
(3)副業のせいで本業の生産性を落とさない
という3条件を満たしていれば、会社から罰せられることは原則としてない。
好きなことで、失敗して当たり前位の気持ちで。
休みは取れないは大きな間違い
以上

1500円以上で送料無料!
わざわざ書店に行く&探すといった手間を考えれば、ネットで購入が断然楽!!
購入はこちらからどうぞ

 

eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2001