副業で大家さん
eサイドビジネス
資産運用 年収アップ ミスター家計簿 サイトマップ

副業で大家さん

おすすめの本

誰でもできるはじめてのマンション投資 別冊宝島
櫻井幸雄 宝島社 1,260円 初版 2004/1/15


感想 4点(5点満点中)
読書期間:2004/10/13〜10/15
「図解!競売マンション投資」
 不動産投資といっても、選択範囲は広いです。新築・中古・競売、1棟売り・区分所有、首都圏・地方都市・地方など、どこに投資したらよいか迷います。私は首都圏 中古 1棟売りアパートを対象にしようと検討していますが、情報が片手落ちにならないように、本書から知識を得ようと思いました。
 本書は、左ページに解説文、右ページに図解があり、とてもわかりやすい構成になっています。構成は4つ、ポイントは50個にまとめ、初心者とプロの考えを対比させて、誰でも理解できるように工夫してあります。
  本書の主張点は、「競売で落札価格より高く評価される物件を選び、現金で買う。その物件を担保に金融機関から資金を借り、次々と物件を増やしていく。」です。そのためには、安く購入できる、競売でマンションを購入することです。
 不動産投資で有名な藤山氏の意見が垣間見えますが、不動産投資を検討するなら、手元に置いておきたい1冊です。



要旨
1.これが儲かる中古マンションの条件だ
中古マンションの表面利回りは15%以上が目安。
実質利回りは表面利回りの8割。
平均空室率は10%程度。
経費は購入価格の8%必要。
利回り40%以上もある競売物件を狙え。
人気がある場所の隣接地がお買い得。
変更できない、住居の広さや日当たりが重要。
共用施設が少なく、しっかり管理された物件を選ぶ。
マンションを建設した会社はどこか。ゼネコンランキングで調査する。
女性シングルにウケる物件を選ぶ。準都心部、部屋は広め、水まわりと収納が多い。
建物が古くなると、家賃は下がり、経費も増えることを忘れてはならない。
物件の地域の利回りを調査すること。

2.中古マンションを買おう
中古マンションの価格は新築の5割程度。
競売物件は市価の1/3〜5割程度。
競売の入札価格は最低売却価格以上で、利回り15%を実現する価格以内とする。
落札できたら、2ヶ月以内に残金をキャッシュで用意しなければならない。
落札価格より高く評価される物件を選ぶ。その物件を現金で買えば、その物件を担保に金融機関から資金を借り、物件を増やしていく。
不動産との付き合いが深まれば、任意売却物件の話もある。
マンションの値引きは1割が基本。単刀直入に。
ファミリー向け間取りは3LDKに限る。

3.入居者を集めよう
サブリースは便利だが、利回りが下がる。
家賃を5万円以上、10万円未満にすると借り手を集めやすい。
敷金は不動産会社に預けないで、運用資金に当てるなど有効活用すべき。
敷金・礼金はその地方の慣習に従う。
安くリフォームするなら、業者に直接頼む。例えば、東京土建一般労働組合本部に依頼する。
入居者が決まらなかったら家賃・礼金を下げる。

4.賃貸経営にまつわるお金の問題
帳簿は必ず付ける。
自己資金の裏技は親からもらう。110万円までは無税。
投資用物件は、住宅関連の優遇措置がほとんど使えない。
5棟10室以上は事業とみなされ、青色申告になる。
管理費、修繕費はケチれない。
以上

1500円以上で送料無料!
わざわざ書店に行く&探すといった手間を考えれば、ネットで購入が断然楽!!
購入はこちらからどうぞ



印税的収入で自由な生活。そんなビジネスを検討してみませんか?

eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2001