乳幼児の一日の生活のしかた

eサイドビジネス
資産運用 年収アップ ミスター家計簿 サイトマップ
印税的収入で自由な生活。そんなビジネスを検討してみませんか?

乳幼児の一日の生活のしかた

おすすめの本

川添邦俊、川添幸江著 ささら書房 1,890円 1991/2/1初版


感想 4点(5点満点中)
読書期間:2001/12/22
子供の育て方を知る上でとても勉強になった。全部本書の通りできるかは難しいと思った。


要旨
1)機嫌良く早起きします。
毎朝6時前後に一人で目が覚めて、機嫌良く起きる(自律起床)ことができるのは元気な証です。
カーテンを開けて明るくし、窓を開けて空気を入れ替えます。
起こすのに笑顔が大切です。
急に起こしてはいけません。
早起きの生活リズムは、乳児のときから身につけておくと、その後は苦労もなく続きやすい上に、子供の育ちもよくなりがちです。

2)起きたら、着替えをします。
起きたらすぐ、裸になって全部着替えます。
裸になると、素肌に朝の空気が触れて、皮膚を刺激することになります(空気浴)。皮膚に広がっている自律神経を、適度に刺激します(空気鍛錬)。
室内では、必ず素足ですごします。外出は素足で履物をはきます。
子供の衣服は大人よりも一枚くらい少なくし、厚着にしないようにします。

3)冷水で顔や手足を洗います。
朝の洗顔は冬でも冷水で行います。乳児の場合はガーゼまたはタオルを冷水でゆすぎ、固くしぼって顔や手足を軽く拭ってやります。
冷水で洗うと、一瞬毛細血管が細くなり、その後広がり、血液循環もよくなります。
夜尿をしても叱りません。子供に気にさせないようにします。昼間に楽しく活動させ、夕食を薄味で軽くし、就寝前に入浴し、少し水を飲ませて、早寝をさせると直っていきます。

4)毎朝楽しく散歩します。
朝食前に30分程度、少し急ぎ足で散歩をします。
よく歩かないと血の巡りが悪いです。
散歩によって頭がさえてきます。感性の創造もします。

5)食事は一日三回、間食は一回にします。
食事は楽しく食べることが大切です。子供だけの食事はかわいそうです。
歯ごたえのある食べ物も食べるように心がけます。
乳児には、甘いものは必要はないし、その味を覚えますと、味覚の育ちにも悪く、偏食になりやすいので、与えないように心がけます。
テレビを見ながらなど「ながら食」はやめます。乳児にも「ながら飲ませ」はやめます。

6)食事の前には小便をします。
「しっこない?」と、大人の都合で口うるさく声をかけている様子の人があります。これはかえってストレスを与え、活動を邪魔したり、あるいは頻尿や遺尿(ちびったりすること)などの原因になることがあります。
小便を失敗しても叱りません。叱って直るようなものでもない。
夜尿は、怒らない、叱らない、気にしない。
紙おむつを使われ続けた子供は、排尿のけじめある習慣化や自律が遅れる。

7)朝食の後には大便をする習慣をつけます。
体のためにとてもよい。
嫌がらずに、気軽に便所に行ってみるところから習慣付けていく。

8)朝の内に体を使って表現をする遊びをします。

9)幼い子供には昼寝をさせます。
昼寝も子供の育ちを保障します。
午前10時半頃から昼寝をさせるのが育ちや健康のためによい。
午前中の昼寝は短時間ですみ、目覚めがよいものです。
午後の昼寝は長くなりやすく、目覚めも悪く、夜の眠りを妨げがちになるものです。

10)午後広い場所で遊ばせます。
年齢の異なる子供達が、集団で仲良く遊ぶと活動も活発になり、より楽しくすることもでき、そして成長も著しくなるといえます。

11)雨天の日も生き生きと遊ばせます。
一人での行為は探索活動としての価値はあっても、遊びとは考えない方がよい。

12)できるだけ手伝いをさせるようにします。
上手下手の効果に期待を掛け過ぎたり、評価をしないようにします。
口うるさく命令してさせようとするのはだめです。
よく手伝ってくれるからというので、次々と重ねて使いすぎると手伝いを嫌がるようになります。短時間で子供も手伝うと喜ぶようなものにして、終わったら、ねぎらい礼を言います。

13)夕食後ははいまわって遊ぶようにします。
はいはい遊びはとてもよい全身運動になります。
すでに歩くようになった子供も、毎日ある程度はう運動する方がよい。

14)就寝前に入浴します。
終身予定時間前20分以内くらいに湯から上がるように見計らって入ります。

15)就寝前に、落ち着いた時間を持ちます。
絵本など静かに正座して読み聞かせたりします。寝床に入ってするのは行儀が悪い。子供がもう一回などと言っても、けじめよく納得して眠る習慣をつけます。

16)夜寝つきのよい子が良く育ちます。
寝つきをよくするには、昼間と眠る前の活動の仕方が大切です。
一日7〜8時間夜集中して眠る場合が生命力が一番強い。

17)激しい刺激(ストレス)を加えないようにします。
ストレスが多いと「不安愁訴」が生じて、頭や腹が痛くなりがちです。

18)ほめ方や叱り方は態度によって示します。
ほめる時は共感を示します。
一番上手といったほめ方はよくありません。
少し難しいとしようとしない子供はほめすぎの場合があります。
餌でつるのはよくないことです。
どんな場合でも体罰は絶対にしません。
くどくど、がみがみ言うのは役に立ちません。
叱る人は一人にします。
以上
eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2001