かしこい赤ちゃんの育て方

eサイドビジネス
資産運用 年収アップ ミスター家計簿 サイトマップ
印税的収入で自由な生活。そんなビジネスを検討してみませんか?

かしこい赤ちゃんの育て方

おすすめの本

西原克成著 日本学校図書 2001/2/24初版 非売品


感想 4点(5点満点中)
読書期間:2002/1/17〜1/20
著者は東京大学医学部の先生であり、医学的見地に基づいた育児について書かれている。説明にもデータや写真による裏づけがあり、納得できる。特に離乳食、寝相、おしゃぶりについては興味深かった。


要旨
第1章 「生命の原理」を忘れた現代の子育て
赤ちゃんは2歳半で人間になる。
3人に1人がアトピー児。
早すぎる離乳食がアトピーを作る。
離乳食は1歳を過ぎてから。
おしゃぶりを多用する。
ハイハイを充分させ、いろんなものを舌でなめさせる。
眠るときは仰向け寝で。
幼いうちは歩かせすぎない。
冷たい飲み物は与えない。

第2章 「母乳の力」が赤ちゃんを守る
1歳までは母乳だけで育つ
アメリカでは「育児常識」は変わった。1歳前の離乳食はポイズン。
生ジュースを赤ちゃんに与えてはいけない

第3章「呼吸のしつけ」はおしゃぶりで
口呼吸は万病のもと。
鼻呼吸で知性・感性は育つ。
小児喘息は口呼吸が作る。
指しゃぶりは歯並びをだめにする。

第4章 「ハイハイ」と「なめ回し」が感性を育てる
腹ばいが免疫系を育てる。
なめ回しが感性の土台を作る。

第5章 「上手な歩かせ方」を知ってますか
一人歩きを急がせない。
睡眠は質より量が大事。
少年スポーツは危険。

第6章 一生の健康は、赤ちゃん時代の寝方で決まる
眠り方で容貌も健康も変わる。
うつ伏せ寝と突然死の危険な関係。

第7章 我が子を「冷たいもの中毒」にしないために
腸を冷やせば、免疫系が弱る。
妊娠中から冷たいものは遠ざけよう。

第8章 ステップ別「進化育児学」
以上
eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2001